一人ひとり、かけがえのない命

今年度最後の避難訓練を行いました。

今回は大きな地震と、給食室からの火災の想定です。

非常ベルが鳴った際、保育室やホール、園庭など様々な場所で遊んでいた子どもたち。

公園に出掛けていたクラスもありました。

様々な状況下でも、今までの経験から、落ち着いて保育者の話を聞き園庭に避難することができました。

その後はホールに移動し、東日本大震災の話に…。

11年前の3月11日。

大きな地震と津波で、家が壊れたり、木が倒れたり…大切な命がたくさん亡くなりました。

…胸に手を当てるとドキドキと鼓動を打つ心臓の音を感じますね。

ドキドキ心臓の音を感じるという事は生きているということ。

みんなで、避難訓練を真剣にしながら、

自分自身のかけがえのない命を大切に守っていきましょう。

 

園長先生の話に深く頷いていた子どもたちでした。

投稿日: | カテゴリー:園からのお知らせ

アーカイブ

© 2022 midorigaoka-niigata.com.